logo

img-loading

株式会社キャリスタ― リクルート・採用サイト 株式会社キャリスタ― リクルート・採用サイト

エントリーする

bar_red

会社紹介

乗務員教育に自信。未経験者も積極採用! 乗務員教育に自信。未経験者も積極採用!

乗務員教育に自信。未経験者も積極採用!

代表取締役・中村 多希留
寺田君はトラック未経験で入社してきたね。
寺田
はい。18歳で普通免許を取ってから、トラックに乗りたいと思っていました。でも、未経験だとなかなか採用してもらえないので、希望とは違いましたが製造業で働いていました。
中村
キャリスタ―はドライバーの教育に力を入れているから、寺田君のような未経験者も採用できるんだよね。
line01

時間とお金がかかる新人の育成。でも、安全には代えられません 時間とお金がかかる新人の育成。でも、安全には代えられません

時間とお金がかかる新人の育成。でも、安全には代えられません

中村
キャリスタ―では、新人ドライバーに座学で安全教育を行った後、先輩ドライバーのトラックに同乗させます。同乗教育の狙いは、乗用車とは違う視点の高さや、走行の感覚をつかんでもらうことです。
寺田
僕が同乗教育を受けたのは、2トン車に初めて乗る前と、4トン車にステップアップする前でした。トータルで2ヶ月くらい、助手席に乗って勉強させてもらいました。
中村
同乗教育の次の段階として、高速道路のように真っ直ぐな道だけを運転させます。そして徐々に細い道でもハンドルを握らせるようにしていきます。育成には時間とお金がかかりますが、安全には代えられません。
寺田
僕は中型免許を取るとき、自動車学校に行かせてもらいました。
中村
自動車学校では、安全教育をもう1度、徹底的に行ってくれるため、結果として事故率が下がります。もちろん、長く働いてくれるドライバーの場合、免許取得費用は会社負担です。
line01

中堅・ベテランの教育も徹底的に。大会を年2回開催 中堅・ベテランの教育も徹底的に。大会を年2回開催

中堅・ベテランの教育も徹底的に。大会を年2回開催

中村
新人だけでなく、中堅・ベテランの安全教育も重視しています。キャリスタ―では年2回、全社員対象の安全大会を開いています。大会では、実際に起きた事故を検証し、社員に意見を言ってもらいます。
寺田
先輩たちの経験を聞くことができ、勉強になります。
中村
他人の事故の経験や、ベテランたちの意見を頭に入れておけば、運転中に「あ、これはあのケースと似ているな」と思い出し、危険回避のための行動を取れます。頭の中に危険予知の引き出しをたくさんつくっておくようなもので、けっこう役立ちます。
寺田
安全大会などの機会に、いろいろな人から話を聞いて、事故が一番怖いと強く感じます。僕はいつも、スピードと車間距離に気をつけて、余裕を持って運転します。
line01

無理なく働いて、長く活躍してください! 無理なく働いて、長く活躍してください!

無理なく働いて、長く活躍してください!

中村
ところで、寺田君は外見こそ少しやんちゃな感じだけど、お客さんの評判がいいんだよね。例えば、挨拶。ドライバーの中には、お客様の工場や倉庫で積み込みが終わると、そのまま出発する人もいるんだけど、寺田君はちゃんと「終わりました」って挨拶してから出ていくんだってね。
寺田
そのへんは学生のときから鍛えられたんで。
中村
寺田君、仕事は面白い?
寺田
はい。食品とか、工業製品などをいろいろな場所に運ばせてもらっていて、やりがいがあります。
中村
安全第一で、無理な運転は禁物だよ。例えば、事故渋滞で遅れてしまったとき、若くて真面目なドライバーは「延着すると怒られる」ということばかり考えてしまうんだけど、急ぎ過ぎて事故を起こしてしまっては、元も子もないからね。そういうときには、慌てず会社に連絡することだよ。あと、休憩・休息のルールをしっかりと守るように。
寺田
トラックのキャビンにはベッドがあるので、仮眠も快適です。
中村
寺田君には、未経験から入社した“生え抜き”として、会社の中心になっていってほしいね。

pagetop pagetop

Copyright© CALISTAR All Rights Reserved.